読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太宰治の小説を初出順に並べました

海王社が日本文学の文庫本を出しましたが、ラインナップは太宰ばかり。若い人に人気なのでしょうか?

 

 

現在手軽に手に入るレーベルの中で、ほとんどの作品を収録しているのは新潮文庫だけです。ですが、どの作品がどの巻に収録されているのかよく分からない状態です。

資料用に、小説を初出順に並べた上で、収録されている巻の番号を振ってみました。

 

 

書簡、随想、批評、初期作品は対象外にしています。そうすると『もの思う葦』と『地図』に収録されている作品の大半が抜け落ちることになりますが、猥雑になりすぎるのでやむなしです。

以下の目録はユリイカ太宰治特集号を参考にしました。

 

 

①晩年 ②斜陽 ③ヴィヨンの妻 ④津軽 ⑤人間失格 ⑥走れメロス ⑦お伽草紙 ⑧グッド・バイ ⑨二十世紀旗手

⑩惜別 ⑪パンドラの匣 ⑫新ハムレット ⑬きりぎりす ⑭もの思う葦 ⑮津軽通信 ⑯新樹の言葉 ⑰ろまん燈籠 ⑱地図

 

1933 2月 ①列車
    3月 ①魚服記
    4月 ①思ひ出 (『海豹』4、6、7月号で発表)

1934 4月 ①葉
    7月 ①猿面冠者
    10月 ①彼は昔の彼ならず
    12月 ①ロマネスク

1935 2月 ①逆行 (蝶々、決闘、くろんぼ の3編で構成)
    5月 ①道化の華
    7月 ①玩具
    7月 ①雀こ
    9月 ①猿ケ島
    10月 ⑥ダス・ゲマイネ
    10月 ①盗賊 (後に「逆行」の一編として加えられる)
    12月 ①地球図

1936 1月 ①めくら草子
    4月 ①陰火
    5月 ⑨雌に就いて
    7月 ⑨虚構の春
    10月 ⑨狂言の神
    10月 ⑨創世記
    10月 ⑨喝采

1937 1月 ⑨二十世紀旗手
    3月 ⑱あさましきもの
    4月 ⑨HUMAN LOST
    10月 ⑬燈籠

1938 9月 ⑥満願
    10月 ⑬姨捨

1939 2月 ⑯I can speak
       2月 ⑥富嶽百景 (『文体』2、3月号で発表)
    3月 ⑬黄金風景
    4月 ⑥女性徒
    4月 ⑯懶惰の歌留多
    5月 ⑯火の鳥新樹の言葉、花燭、愛と美について、秋風記 (初出:書き下ろし短編集『愛と美について』。「火の鳥」は未完)
    6月 ⑯葉桜と魔笛
    8月 ⑯八十八夜
    9月 ⑮座興に非ず
    10月 ⑯美少女
    10月 ⑬畜犬談
    10月 ⑮ア、秋
    10月 ⑮デカダン抗議
    11月 ⑬おしやれ童子
    11月 ⑬皮膚と心

1940 1月 ⑯俗天使
    1月 ⑯兄たち (初出時の作品名は「美しい兄たち」)
    1月 ⑬鷗
    1月 ⑯春の盗賊
    1月 ⑮女人訓戒 (初出時の作品名は「短片集」)
    1月 ⑫女の決闘 (『月刊文章』1~6月号に連載)
    2月 ⑥駆込み訴へ
    3月 ⑯老ハイデルベルヒ
    4月 ⑯誰も知らぬ
    4月 ⑬善蔵を思ふ
    5月 ⑥走れメロス
    6月 ⑫古典風
    6月 ⑦盲人独笑(『若草』7~12月号で連載)
    7月 ⑫乞食学生
    9月 ⑮失敗園
    10月 ⑮一燈
    11月 ⑬きりぎりす
    12月 ⑰ろまん燈籠(『婦人画報』12月号、翌年1、3~6月号で連載)

1941 1月 ⑥東京八景
    1月 ⑰みみづく通信
    1月 ⑬佐渡
    1月 ⑦清貧譚
    2月 ⑰服装に就いて
    5月 ⑮リイズ
    6月 ⑰令嬢アユ
    6月 ⑬千代女
    7月 ⑫新ハムレット (長編。書き下ろし)
    11月 ⑬風の便り (別々に発表された「風の便り」「秋」「旅信」の3編が後に単一作品に再編)
    12月 ⑰誰

1942 1月 ⑰恥
    1月 ⑰新郎
    2月 ⑰十二月八日
    2月 ⑱律子と貞子
    5月 ⑬水仙
    6月 ⑪正義と微笑 (長編。書き下ろし)
    6月 ⑫待つ
    7月 ⑰小さいアルバム
    10月 ⑬日の出前 (初出時の作品名は「花火」。『文芸』十月号に発表後、時局に不適との理由で全文削除される)
    12月 ⑰禁酒の心

1943 1月 ⑥故郷
    1月 ⑮黄村先生言行録
    4月 ⑰鉄面皮
    5月 ⑱赤心
    6月 ⑥帰去来
    9月 ⑩右大臣実朝 (長編。書き下ろし)
    10月 ⑮不審庵
    10月 ⑰作家の手帖

1944 1月 ⑰佳日
    1月 ⑦新釈諸国噺「裸川」
    3月 ⑰散華
    5月 ⑰雪の夜の話
    5月 ⑦新釈諸国噺「義理」
    8月 ⑰東京たより
    8月 ⑮花吹雪
    9月 ⑦新釈諸国噺「貧の意地」
    10月 ⑦新釈諸国噺「人魚の海」
    11月 ⑦新釈諸国噺「女賊」
    11月 ④津軽 (長編。書き下ろし)

1945 1月 ⑦新釈諸国噺 (単行本化の際、「大力」「猿塚」「破産」「赤い太鼓」「粋人」「遊興戒」「吉野山」が書き下ろしで発表)
    4月 ⑦竹青
    9月 ⑩惜別 (長編。書き下ろし)
    10月 ⑦お伽草紙 (書き下ろし短編集。「瘤取り」「浦島さん」「カチカチ山」「舌切雀」で構成)
    10月 ⑪パンドラの匣 (長編。『河北新報』10月号~翌年1月号で連載)

1946 1月 ⑮庭
    1月 ⑮親という二字
    2月 ⑮嘘
    2月 ⑱貨幣
    3月 ⑮やんぬる哉
    4月 ⑧十五年間
    5月 ⑮未帰還の友に
    6月 ⑧冬の花火
    6月 ⑧苦悩の年鑑
    7月 ⑮チヤンス
    9月 ⑧春の枯葉
    10月 ⑮雀

    11月 ⑧たづねびと
    11月 ⑧薄命
    12月 ⑧男女同権
    12月 ③親友交歓

1947 1月 ③トカトントン
    1月 ⑧メイリイクリスマス
    3月 ③母
    3月 ③ヴィヨンの妻
    4月 ③父
    5月 ⑮女神
    7月 ⑧フォスフォレッセンス
    7月 ⑧朝
    7月 ②斜陽 (長編。『新潮』7~10月号で連載)
    10月 ③おさん

1948 1月 ⑮犯人
    1月 ⑧饗応夫人
    1月 ⑮酒の追憶
    3月 ⑧美男子と煙草
    3月 ⑧眉山
    4月 ⑧女類
    4月 ⑧渡り鳥
    5月 ③桜桃
    6月 ⑤人間失格 (長編。『展望』6~8月号で連載)
    6月 ⑧グッド・バイ(未完の長編。『朝日新聞』6月21日号、『朝日評論』7月号に発表)
    8月 ③家庭の幸福  

 

※8月25日追記

最初に書いた時は「あさましきもの」、「律子と貞子」、「赤心」、「貨幣」の4つは新潮文庫に収録されていない…と記述しましたが、読み返してみると初期作品集『地図』に載っていました。申し訳ないです。