読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太宰治作品案内「走れメロス」

太宰治 小説

作品案内と銘打ちましたが、成人してる日本人で「走れメロス」を知らない人っているんでしょうか。

本作は、ほとんどの中学校の国語の教科書に載っています。

 

 

教科書の教材として定番化しすぎた「走れメロス」は

幾度もアニメ化され、

http://www.youtube.com/watch?v=2NJR3wtaaew

http://www.youtube.com/watch?v=XQu_18vrnKY

児童のための声楽曲が2曲も作られ、

http://www.youtube.com/watch?v=tr0ESl9Gtkk

http://www.youtube.com/watch?v=U3TEkIfAiu4

吹奏楽の曲になり、

http://www.youtube.com/watch?v=RD7g_9w1FQI

秋元康のネタにされ、

http://www.youtube.com/watch?v=Wig2ZxJeAqk

http://www.youtube.com/watch?v=hQ5giJbSaXw

ついにパチスロ化を成し遂げました。


パチスロ 走れメロス 主題歌.wmv - YouTube

すごいですね。

 

 

 

 

 

 

また、一部の教科書では、セリヌンティウスがメロスにマントを着るようすすめる場面の「まっぱだか」が卑猥すぎるということで「ほとんど全裸」に改編されているそうです。

 

…それはあかんでしょ。

暑苦しいくらいの美談をやっておいて最後にすっぽんぽんのメロスが赤面する様を持ってくるとこに芸人太宰の真骨頂があるのに。

ていうか「ほとんど全裸」って何なんですかね?半裸じゃいけないんでしょうか?全裸と半裸の中間ってことでしょうか?ハミチンしてるのかな?

  

あと数十年は「走れメロス」を色眼鏡無しに初読できる日本人は生まれてこないと思います。たまたま原作に触れて、なんとなく読む、ということは、まずないでしょう。作品以外のあれこれがやかましすぎて、作品との純粋な出会いをかえって遠ざけてしまっています。でもそれが、名作として神格化されていく過程なのかもしれません。やんぬる哉